« 新世紀ヱヴァンゲリヲン -序- | トップページ | 7月4日に生まれて(BORN ON THE FORTH OF JURY) »

愛を読むひと(The Reader)

愛を読むひと」。こちら、映画館で見ました。一時期、映画をDVDで見るのにはまってましたが、映画はやっぱり映画館で見るのがいいです。

で、この映画。主人公の高校時代から中年時代までの人生をある一人の女性との関係を通じて描いている作品です。と言う感じですかね。でも、ラブロマンスみたいなのではないです。主人公の視点をメインに二人別々に進んで行く人生をドラマとして描いています。主人公は一途にその女性への気持ちを引きずったまま、人生を悩みつつも淡々と歩んで行く、女性の方は最後まで自分の事のみを考えて生きて行くと言う感じですね。女性自身は自分が自分の事のみを考えているとは思っていないと思われますが・・。

背景には女性の過去の出来事が関係してきます。彼女を含めてそれに関係せざるを得なかった人たちの事、それに関連して出て来る裁判のこと、後、気持ちを引きずったまま、その後を暮らして行く事などについて、いろいろと考えさせられる映画でした。ま、主人公は最後には気持ちを吹っ切ってたみたいなんで、それもよかったかもしれませんね。


以上、ご参考。

|

« 新世紀ヱヴァンゲリヲン -序- | トップページ | 7月4日に生まれて(BORN ON THE FORTH OF JURY) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/30899328

この記事へのトラックバック一覧です: 愛を読むひと(The Reader):

« 新世紀ヱヴァンゲリヲン -序- | トップページ | 7月4日に生まれて(BORN ON THE FORTH OF JURY) »