« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

コンペティション(COMPETITION)

ちょっと古めの雰囲気が漂う映画でしたが、静かな感じで進行していく映画でした。

主人公はピアニストです。過去に偉い人にほめられた様ですが、あまり成功しないままいい年になってしまったようです。親は続けろと言っていて、本人も続けたいとは思っているものの、そろそろ何か職を持たなければとも思って悩んでいる様子。悩んだ末に最後のチャンスとピアノのコンテストに挑みました。

と言う感じで話は進んでいきます。過去の演奏を見た同じコンテストに出場している女性との関係や、他の出場者に起こった事件などコンテスト中の色々な出来事にかなり心理的に振り回されている感じでした。まあ、こういう心理描写がメインの映画は結構好きで、派手さはないものの最後まであまり退屈せずに見ることができました。地味なので、あまり放映されなさそうな映画ですが、何か見る機会があれば、ご覧になればいかがでしょうか。


以上、ご参考。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたりの男とひとりの女(Me, Myself & Irene)

ふたりの男とひとりの女 (特別編) [DVD]


ジム・キャリーのコメディ「ふたりの男とひとりの女」です。ジム・キャリーの映画は割とよく見ていますが、この人「いい人」と「悪い人」の演技が両極端で映画によって好きになったり、嫌いになったりしています。まあ、割と好きな俳優さんなんですけどね。


この映画のジム・キャリーは素はいい人です。でも、2重人格で裏の方は悪い人が出てきます。と言う事で、両極端のジム・キャリーを一つの映画でまとめて見れるとても珍しい映画でした。「いい人」のジム・キャリーは警察官。奥さんがよその男と作った子供をそれとは気づかない振りをして育てて行きます。それにもかかわらず、奥さんはそのよその男と出て行ってしまいますが、それにもかまわず子供を育てて行くと言うところで映画は始まります。

まあ、めちゃくちゃいい人と言うかなんと言うかと言う感じなんですが、それがたたって2重人格になってしまった様ですね。そんな状態の中、上司からの命令で女性容疑者を遠くまで護送すると言う役目を負ってしまうところから話は展開して行きます。この女性容疑者、なんか聞いた事ある声やな〜と思ってよく見てみたらレニー・ゼルウィガーでした。私、レニー・ゼルウィガーは大好きなんですよね。そういや、一回、ジム・キャリーと結婚してたんじゃなかったっけ?と思って、調べてみたら、どうやら、この映画がきっかけだった様です。まあ、映画の中で雰囲気よかったですからね。どっか途中から演技と本気が入れ替わってたんかもしれません。と言う事で、そういう面でも興味のある方はどうぞ。


以上、ご参考。


→ご購入はこちら(ふたりの男とひとりの女 特別編(DVD)、ふたりの男とひとりの女(Blu-ray Disc)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路上のソリスト(THE SOLOIST)

路上のソリスト 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD]
久々に暗い気持ちで終わった映画でしょうか。「路上のソリスト」です。実際にロサンゼルス・タイムズで連載されていたコラムを映画化した物だそうです。


ある日、新聞記者がバイオリンを弾いている路上生活者と出会います。その音色から興味を持ち、いろいろと調べていると、過去には有名な音楽学校に通っていて、将来を有望視されていた事が判明。なんとか表の舞台に立てるようにしてあげようと努力しますが・・・。

と言う感じですが、全体的に雰囲気は重いです。エンドロールで実際にあった事を元にしていると言う様な事が書かれていたので、そうなんでしょう。ロサンゼルス・・と言うかカルフォルニアの現状などに対する問題提起がメインの様な気もします。

まあ、いい映画だとは思いましたが、そう言う雰囲気でしたと言う事で。


以上、ご参考。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

努力しないで出世する方法(HOW TO SUCCEED IN BUSINESS WITHOUT REALLY TRYING)

古い映画の様で、残念ながら貼れる画像が見つかりませんでしたが、ミュージカルのコメディです。

うだつのあがらない窓拭きが、偶然この映画のタイトルとなっている「HOW TO SUCCEED IN BUSINESS WITHOUT REALLY TRYING」と言う本を手に入れ、その通りに行動したらほんとに出世したと言う内容です。ま~、全編通して、ありえないばかばかしい内容ですが、コメディなので、純粋にそのばかばかしさを楽しめばいいんじゃないかと思ったりします。


プロデューサーズ」に続いてのミュージカル&コメディでした。


以上、ご参考。

こちらの方のコメントは笑ってしまいました。確かにその通り。そういう意味では主人公は努力してますね。方向は間違ってますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »