« 路上のソリスト(THE SOLOIST) | トップページ | コンペティション(COMPETITION) »

ふたりの男とひとりの女(Me, Myself & Irene)

ふたりの男とひとりの女 (特別編) [DVD]


ジム・キャリーのコメディ「ふたりの男とひとりの女」です。ジム・キャリーの映画は割とよく見ていますが、この人「いい人」と「悪い人」の演技が両極端で映画によって好きになったり、嫌いになったりしています。まあ、割と好きな俳優さんなんですけどね。


この映画のジム・キャリーは素はいい人です。でも、2重人格で裏の方は悪い人が出てきます。と言う事で、両極端のジム・キャリーを一つの映画でまとめて見れるとても珍しい映画でした。「いい人」のジム・キャリーは警察官。奥さんがよその男と作った子供をそれとは気づかない振りをして育てて行きます。それにもかかわらず、奥さんはそのよその男と出て行ってしまいますが、それにもかまわず子供を育てて行くと言うところで映画は始まります。

まあ、めちゃくちゃいい人と言うかなんと言うかと言う感じなんですが、それがたたって2重人格になってしまった様ですね。そんな状態の中、上司からの命令で女性容疑者を遠くまで護送すると言う役目を負ってしまうところから話は展開して行きます。この女性容疑者、なんか聞いた事ある声やな〜と思ってよく見てみたらレニー・ゼルウィガーでした。私、レニー・ゼルウィガーは大好きなんですよね。そういや、一回、ジム・キャリーと結婚してたんじゃなかったっけ?と思って、調べてみたら、どうやら、この映画がきっかけだった様です。まあ、映画の中で雰囲気よかったですからね。どっか途中から演技と本気が入れ替わってたんかもしれません。と言う事で、そういう面でも興味のある方はどうぞ。


以上、ご参考。


→ご購入はこちら(ふたりの男とひとりの女 特別編(DVD)、ふたりの男とひとりの女(Blu-ray Disc)

|

« 路上のソリスト(THE SOLOIST) | トップページ | コンペティション(COMPETITION) »

コメディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/31342374

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりの男とひとりの女(Me, Myself & Irene):

« 路上のソリスト(THE SOLOIST) | トップページ | コンペティション(COMPETITION) »