« ニュールンベルグ裁判(JUDGEMENT AT NUREMBERG) | トップページ | 恋に唄えば »

父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers)

以前、「グラン・トリノ」を観たのですが、いい映画でした。監督はクリント・イーストウッドでした。それから、クリント・イーストウッドの映画が観たくなったんですが、その後の第一弾目です。この映画、太平洋戦争の硫黄島の戦闘についてアメリカ側の視点から書かれています。硫黄島に掲げられた星条旗に関する虚像と実際の戦闘の状況を当事者の視点で語ると言った感じです。


当時、アメリカではあの旗を立てたメンバーが英雄視されていた様です。ですが、実際には戦闘には当然たくさんの人がかかわっていますし、そもそも旗を立てたこと自体はたいした行為でありません。それに加えて、旗を立てた時にいたメンバーの半分は既に戦死している事もあり、騒がれて(利用されて)いる当人たちが苦悩しているところがメインに描かれています。また、合わせて戦争、戦闘の悲惨さ惨さも描かれていますが、こちらは必要以上に酷い描写は無く、悲惨さだけが伝わる様に考慮されている感じがして、なかなかバランスがいいなと感じました。


この映画、日本側の視点からのものもペアで作られていたと思うので、そっちも見たいですね。クリント・イーストウッドの映画をもっと見たくなりました。


以上、ご参考。




ご購入はこちらでどうぞ。

HMVジャパン TSUTAYA online セブンアンドワイ ブックオフオンライン 

|

« ニュールンベルグ裁判(JUDGEMENT AT NUREMBERG) | トップページ | 恋に唄えば »

ドラマ」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/31800246

この記事へのトラックバック一覧です: 父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers):

« ニュールンベルグ裁判(JUDGEMENT AT NUREMBERG) | トップページ | 恋に唄えば »