« ミュリエルの結婚(Muriel's Wedding) | トップページ | プラトーン(PLATOON) »

ターミナル(TERMINAL)

ターミナル DTSスペシャル・エディション (2枚組) [DVD]トム・ハンクス主演の「ターミナル」です。見る前は、トム・ハンクスが「ダビンチ・コード」の様に走り回る事件解決系の映画かと思っていましたが、見てみると想像と全く違いました。


ニューヨークにある国際空港にトム・ハンクスが「クラコウジア」と言う国から渡航してきます。空港で入国手続きをしようとしたところ、なぜか別室に。そこで説明されるのは「クラコウジア」にクーデターが勃発。新政権が樹立したがクーデター直後なので、アメリカとしては国交を結ぶかどうかの判断がついていないとのこと。なので、彼が持ってたビザは無効でアメリカには入国できない状態だとのこと。・・・なんですが、彼は英語が使えないため、係の人間が一生懸命説明しようとしていますが通じません。とりあえず、パスポートを没収されて、部屋から出されますが、どうしようもなく、空港をうろついていたところ、テレビで祖国の惨状がニュースに・・。仕方なく彼は空港で生活を始めます。

と言う感じなんですが、実際にこういうことが起きたらどうなるんでしょうねぇ。国際空港って、出国手続きを済ませた後と入国手続きを行う前は無国籍なんですよね。で、実際に空港に住むことができるんかいな・・・?と思っていたら、先日成田でそのようなことを強いられている(半分自分の意思ですが)人がニュースになってました。面白いですね。って、面白がってたらいけませんが・・。

劇中、トム・ハンクスはその人柄から特定の人を除いては、空港内の人々から割と好意的に扱われます。実際にこういう状況になった時にあのように余裕に適応できる人はどの程度いるんでしょうねぇ。後、ニューヨークに訪れた理由とそれを貫徹する意思。私にはとても無理そうですね。でも、ああいう風に強い意志と心に余裕を持ちたいとは思いますね。

最後に、エンドロールは必見(と言うほどでもないけど)です。最後まで見る必要は無いですが、前半は見てみましょう。見れば言っている意味がわかると思います。ちなみに、これはスピルバーグ監督作品なんですね。やっぱりスピルバーグは奇抜ですねぇ。


以上、ご参考。




ご購入はこちらでどうぞ。

 HMVジャパン TSUTAYA online ブックオフオンライン 

|

« ミュリエルの結婚(Muriel's Wedding) | トップページ | プラトーン(PLATOON) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/32291478

この記事へのトラックバック一覧です: ターミナル(TERMINAL):

« ミュリエルの結婚(Muriel's Wedding) | トップページ | プラトーン(PLATOON) »