« マルコヴィッチの穴(BEING JOHN MALKOVICH) | トップページ | デンジャラス・ビューティー(Miss CONGENIALITY) »

アイガー北壁(NORDWAND)

アイガー北壁 [DVD]
「アイガー北壁」と言う前人未到の山への登頂を目指した人々のお話です。ナチス時代のドイツで実際にあったお話を元にしているそうです。


難所として有名だった「アイガー北壁」。有名な登山家の2名がここの初登頂を目指しましたが、失敗。死亡してしまいました。これを受けて地元では「アイガー北壁」への登頂を禁止する処置を取ります。ところが、ナチスドイツはドイツ人の優越性を示すため、ドイツ人が「アイガー北壁」への初登頂を達成した場合、ベルリン・オリンピックで金メダルを授与すると発表します。そんな中、この発表を受けてというわけではないですが、様々な山への登頂に成功していたドイツ人のトニーとアンディはこの山への登頂を決意しました・・。

冷静沈着なトニーと比較的情熱的なアンディ、対照的な性格の彼らでしたが、道の無い壁面を命がけで登っていくため、お互いの信頼関係は非常に深いものに感じられ、こういう人間関係を作れることはすごいなと普通に感じてしまいました。それを感じられたのもこの映画の映像のすごさのおかげだと思います。登山のシーンはほとんど壁面のみの映像でしたが、それがものすごく臨場感があり、私自身がそこに入り込んで、終始緊張して力が入ってたような気がします。危険かつ極寒の中、さまざまな判断が求められるシーンで、本気で意見をぶつけ合ったり、信頼して任せたりと、なかなかこういう関係を作れる人はまれだろうなと感じてしまいました。

この映画で初めて知ったのが、壁面を登っていく手法について。ポイントを壁に打ちつけて、そこにザイルを通してと言う感じなのですが、あのザイルがどういう仕組みで落下から守ってくれるのかがよくわかっていませんでした。この映画を通じて、ペアを組んでお互いを支えながら登るという方法がよくわかり、なるほど~と言う感じでした。御存じ無い方はこの映画を見てみるとへ~と納得いくんじゃないでしょうか。ま、このような激しい登山じゃなくても登山される方は一見されることをおすすめします。いろんな意味で・・。

さて、ここでは登山についてのみ書きましたが、その他の人間関係や、ナチス時代のドイツ人の振る舞い方(たぶん、当時の日本人にも通じる・・)など色々と見るところがあるいい映画でした。非常にお勧めですのでご覧になってはいかがでしょうか?


以上、ご参考。




  

|

« マルコヴィッチの穴(BEING JOHN MALKOVICH) | トップページ | デンジャラス・ビューティー(Miss CONGENIALITY) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/35022381

この記事へのトラックバック一覧です: アイガー北壁(NORDWAND):

» アイガー北壁 [象のロケット]
1936年、ドイツ・ナチス政権は、アルプスの名峰アイガー北壁を初めて征服した者にベルリン五輪で金メダルを授与することを決定する。 山岳猟兵のトニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーは、除隊して北壁に挑戦することを決意。 2人の幼なじみでベルリン新聞社のアシスタントをしているルイーゼは、上司と共に取材に向かっていた…。 実話に基づく山岳物語。... [続きを読む]

受信: 2010/06/08 14:15

» アイガー北壁 / 76点 / NORDWAND [ゆるーく映画好きなんす!]
なんと呆気ないもんなんやろう・・・ 『 アイガー北壁 / 76点 / NORDWAND 』 2008年 ドイツ/オーストリア/スイス 127分 監督: フィリップ・シュテルツェル 製作: ボリス・シェーンフェルダー ダニー・クラウス ルドルフ・ザ... [続きを読む]

受信: 2010/11/27 19:28

» 映画「アイガー北壁 」そこに山があるからって簡単には言えない [soramove]
「アイガー北壁 」★★★☆WOWOW鑑賞 ベンノ・フュルマン、ヨハンナ・ヴォカレク、 フロリアン・ルーカス、ウルリッヒ・トゥクール出演 フィリップ・シュテルツェル監督 127分、2010年3月20日公開, 2008,ドイツ、オーストリア、スイス,ティ・ジョイ (原作:原題:NORDWAND)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「間違えて録画していたものを 冒頭だけどんなか見... [続きを読む]

受信: 2011/07/29 20:28

« マルコヴィッチの穴(BEING JOHN MALKOVICH) | トップページ | デンジャラス・ビューティー(Miss CONGENIALITY) »