« タクシードライバー(TAXI DRIVER) | トップページ | 食べて、祈って、恋をして(EAT, PRAY, LOVE) »

ココ・シャネル(COCO CHANEL)

ココ・シャネル [DVD]
誰もが知っている高級ブランドCHANELの創業者ココ・シャネルの伝記です。ブランドには疎いんですが、こういうのを見ると興味が出てきますねぇ・・。でも、今後も縁は無いでしょうが・・。


既にファッション界で一定の地位を築いていたシャネルは、(一時休業か不在?の後の)復帰コレクションを開催しますが、「古い」と不評で終わってしまいます。周囲は隠居を促しますが、本人にその気はありません。自身の過去を思い出しつつ、さらに再起を目指すのでした・・。

と言う感じで、なぜかは知りませんが、不在(第二次世界大戦中の影響で亡命してたとか・・)の後に復帰を目指す時期と、無名の時代からファッションブランドを立ち上げるまでの時期の二つの時代が同時進行的に展開されます。

どういった会社であれ、1代で無名の時代から有名企業になるまで立ち上げると言うのはすごいことですね。再起を目指している時の本人の意地が、ブランドを立ち上げるまでの彼女の行動で理解できると言う形で話が進むんですが、そのシャネル自身の意地と自信はすごくうらやましく感じました。こういうのは元気ももらえるんですが、ちょっと落ち込んだりもしたりして・・。

ちなみに、「ココ」と言うのは本名ではなく、愛称の様です。どういう過程でそういう愛称がついたかも映画を見たらわかります。シャネルに興味がある方もそうでない方にもお勧めできる作品だなと思いました。


以上、ご参考。






  

|

« タクシードライバー(TAXI DRIVER) | トップページ | 食べて、祈って、恋をして(EAT, PRAY, LOVE) »

ドラマ」カテゴリの記事

伝記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/35901031

この記事へのトラックバック一覧です: ココ・シャネル(COCO CHANEL):

» ココ・シャネル [象のロケット]
1954年、パリ。 15年ぶりにコレクションを開催したものの「過去から脱却できないシャネル」と酷評されたココ。 「失望は何度も味わっているわ」とつぶやき、彼女はこれまでのキャリアと愛の思い出を振り返る。 最初の恋人との出会いはココが孤児院を出て、お針子として働き出した頃だった…。 世界的ファッション・デザイナー、ガブリエル・“ココ”・シャネルの物語。... [続きを読む]

受信: 2010/10/06 22:19

» ■映画『ココ・シャネル』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
女性の憧れのハイブランド、シャネルの創始者、ガブリエル・シャネルの“女の一代記”とでもいうべき映画『ココ・シャネル』。 71歳になったシャネルが、過去の自分を回想するというスタイルで、過去の恋愛や“シャネル”ブランドが確立していく様子を描き出します。 シャーリー... [続きを読む]

受信: 2010/12/31 04:21

« タクシードライバー(TAXI DRIVER) | トップページ | 食べて、祈って、恋をして(EAT, PRAY, LOVE) »