« ゴーストライター(The Ghost Writer) | トップページ | 1911(辛亥革命) »

チャーリー(CHAPLIN)

チャーリー・チャップリンの自伝に基づいたドラマです。実際にチャップリンの映画の一部も交えて彼の人生を辿って行きます。


小さな芝居小屋で舞台に立っている母を見ていたチャーリー。母親が公演中に突然芸ができなくなったため、代わりに舞台に飛び出し、見よう見まねで芸をしたところ、観客に大うけします。それ以来、舞台芸人の道を歩いて行くのですが、ある日、彼の舞台を見たハリウッドの映画関係者から映画の仕事をしてみないかと誘いを受けます。その頃立ち上がったばかりの映画を見て興味を持っていたチャーリーは、その誘いに乗って、ハリウッドに出向くのでした・・。

と言う感じで、チャップリンの一生を幼少の頃からなぞっていく映画でしたが、自伝を元にしているとの事なので、基本的に彼の書きたくないことは現れていない様した。それでも、大変興味深いものでしたけどね。ま、私自身が昔からチャップリンの映画が好きでよく見ていたので、元から興味があったことも影響しているのかもしれませんが・・。

チャップリンの映画を見ていたのは子供のころなので、風刺面などは、内容的に理解できてないところもあったと思われます。なので、チャップリンの映画をまた見直してみたいなぁと感じた映画でした。チャップリンに興味のある方はどうぞ。


以上、ご参考。




  

|

« ゴーストライター(The Ghost Writer) | トップページ | 1911(辛亥革命) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/42260075

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー(CHAPLIN):

« ゴーストライター(The Ghost Writer) | トップページ | 1911(辛亥革命) »