« ポストマン(THE POSTMAN) | トップページ | 不都合な真実(an inconvenient truth) »

ポロック 2人だけのアトリエ(POLLOCK)

ポロックと言うアメリカの近代画家の伝記と言うか、そう言う感じの映画でした。


アメリカの近代画家ポロックはその画風からピカソの真似だの酷評を受けていたのですが、とある展覧会で同時に出品していた女性画家リー・クラズナーは彼の絵画に感銘を受け彼の元に尋ねてきました。彼女はポロックのことを天才だと認め、自分の絵はさておき、彼の支援に傾注して行くのでした。

私はポロックと言う画家は知らなかったんですが、かなり有名な画家の様です。抽象画家の様ですね。作中、やたらとピカソに敵対心を燃やしてました。個人的には画家自身を知らないので、普通の画家のドラマっぽく見ていましたが、まあ興味深い映画でしたので、興味のある方はどうぞ。


以上、ご参考。




  

« ポストマン(THE POSTMAN) | トップページ | 不都合な真実(an inconvenient truth) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポロック 2人だけのアトリエ(POLLOCK):

« ポストマン(THE POSTMAN) | トップページ | 不都合な真実(an inconvenient truth) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

  • Twitter



    象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

キャンペーン


  • 電子書籍ストア BookLive!

    セシール

ショップ







  • ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋









提携





Google

BOOK OFF

  • ブックオフオンライン
無料ブログはココログ