« ミッシング(missing) | トップページ | ポロック 2人だけのアトリエ(POLLOCK) »

ポストマン(THE POSTMAN)

郵便配達人を主人公とした、ヒューマンドラマかと思って見たのですが、世界戦争後に無政府状態になった近未来(と言うか、設定では2013年・・)のアメリカを舞台にしたSFドラマでした。


世界戦争後、荒廃して、無政府状態になったアメリカで、とある男がラバと一緒に放浪の旅を続けていました。放浪の途中、近くに集落を見つけた彼は、連れのラバが嫌がるのをなだめて、その集落に立ち寄ります。シェークスピアを題材とした寸劇を披露してそこの人々と打ち解けた頃、どこからともなく表れた騎馬集団に集落が襲撃されてしまいました。彼は、こっそり逃げようと試みましたが失敗。その騎馬集団にとらわれてしまうのでした・・・。

と言うことで、最初の結構長い時間は「なぜ、ポストマン?」と言う疑問がわいてくるほど、予想外の展開で、完全に終末の世界のSF物語でした。途中、その「ポストマン」がどういうことなのかわかってきます。やがて「ポストマン」が荒廃した世界の希望となるのですが、荒唐無稽とは言え、実際にこの映画の様な状態になれば、それが希望になることもあるのかなぁと感じでしたね。意外と良かったので、気になる方はご覧ください。


以上、ご参考。


  

|

« ミッシング(missing) | トップページ | ポロック 2人だけのアトリエ(POLLOCK) »

SF」カテゴリの記事

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/42926302

この記事へのトラックバック一覧です: ポストマン(THE POSTMAN):

« ミッシング(missing) | トップページ | ポロック 2人だけのアトリエ(POLLOCK) »