« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

Mr.&Mrs.スミス(Mr.&Mrs. Smith)

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーと言う豪華キャストのアクション映画ですかね。コメディー&プチロマンス的な要素も入ってますが、アクション・アクションの派手な映画でした。


結婚5〜6年のスミス夫妻がとあるカウンセラーの事務所でカウンセリングを受けていました。うまく行っていないと言う程でもないものの、何かひっかかりがある夫婦生活を送っていて、何となく受けに来たと言う様子です。その二人は出会いも特殊で、どうやら生活も何となく特殊な様子でした・・・。

と言う風に、冒頭は結婚カウンセリングから始まります。なんかのスパイ映画っぽいのを想像していたので、ちょっとなんで?と言う感じでした。が、途中から、最初に記載した通りの派手なアクションが最後まで連続して行きます。

この様にこの映画は、基本アクション映画なんですが、何となく、アクション映画の皮をかぶったその実、「結婚」と言うものの意味を問うと言うか、「夫婦」と言うものに大事なのはこう言うものなんだよと見せるために作られた映画である様な気がしました。ま、よくわからないんですけどね・・・。興味を持たれた方はぜひご覧ください。面白かったです。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アルマゲドン(ARMAGEDDON)

ブルース・ウィルス主演のSFドラマですかね。おちゃらけた映画と言う認識で見てみたら、プチ感動映画でした。と言っても、全体的におちゃらけた感じでしたけどね。


ハリーは石油採掘会社の社長です。長年石油の採掘に携わってきており、地面を掘ることではプロ中のプロ。絶対に失敗することは無いと言う自負を持った人でした。いつもの通り海上の採掘基地で採掘をしていた時、以前採掘中止にした箇所を部下のA.J.が勝手に掘り直していると聞き、彼の部屋まで怒りに行ったところ、いつも反論する彼が素直に謝罪してきました。「おかしい」と思って、部屋をただしてみると、彼のベッドに娘が裸で寝てたのでした・・・。

そんなことから怒り狂って、銃をぶっ放しながらA.J.を追いかけていたところにNASAからお迎えがやってきます・・・。なんで、NASA?と言うのは映画を見てのお楽しみと言うことで。

見た後に調べていたら、この映画は日本では感動ものとして扱われていた様ですね。私は、NHKの「アクターズ・スタジオ・インタビュー」で、ふざけた映画として紹介されていた様な印象があったので、冒頭にも書いた通りそう言う態度で見始めたのですが、見ていたら確かにおちゃらけているものの、内容的にシリアスなところもあり、どっちだ〜と言う感じでした。そう言う意味で、事前の情報が無いフラットな状態で見たかったな〜と改めて思ったりもしたのでした。

最初の方で、ビートルズの曲が流れるシーンがあるのですが、曲調と言うよりは、単に歌詞の内容で場面を表していたり、全体的にシーンの設定がいい加減だったりと、そう言うものを楽しみつつ、シリアスなストーリーを見ると言う見方がいいんじゃないでしょうか。まあ、興味を持たれたらご覧ください。私は好きな部類ですね。


以上、ご参考。


  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »