« テイク・ディス・ワルツ(take this waltz) | トップページ | ソルト(SALT) »

理由(JUST CAUSE)

とある少女誘拐殺人にまつわる経緯を追ううちに、殺人の本当の犯人、意図が判明して行くと言うサスペンス映画でした。


大学教授で死刑廃止論者のポールはとある討論会の後、見知らぬ女性に呼び止められます。彼女は少女誘拐殺人の罪を負う死刑囚の母親だとのこと。彼女の持つ死刑囚からの手紙によると死刑を宣告されたものの自分は無実である。自白が証拠となっているが、自白自体が無茶な尋問で無理やり言わされたものだとのことでした。母親から助力を頼まれるものの、ポールは、「自分は弁護士では無い」とその場は断ってしまうのでしたが・・。

黒人差別を絡めて用意周到に計画された策略とそれに踊らされる人たち。最初の内は物事が次々と改名されて行くのですが、最後の段階で、なぜ?と言う事象が色々と出てくる良くできた映画でした。多少の気味悪さも含めてのめり込める内容でしたかね。

まあ、こういうのを見ていると何が悪くて何がいいのかがよくわからなくなってきますね。結局は悪そうな奴が悪いとなってしまうのですが、その原因はと言うと複雑になってきますねぇ・・・。と言う感じでしたので、興味のある方はどうぞご覧ください。私は楽しめました。


以上、ご参考。


  

|

« テイク・ディス・ワルツ(take this waltz) | トップページ | ソルト(SALT) »

サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/47058467

この記事へのトラックバック一覧です: 理由(JUST CAUSE):

» 理由 [象のロケット]
1986年、わずか11歳の白人少女が無惨な死体で発見され黒人ボビーが逮捕される。8年後、死刑判決を受けた彼の無実を訴える手紙が死刑反対論を唱えるハーバード大学教授ポール・アームストロングの元に届くが…。 サイコスリラー。... [続きを読む]

受信: 2012/09/17 06:41

» 理由 [映画に耽溺]
まあ~~。あ、ショーン! ショーン・コネリー!!!禿てもセクシーサーの肩書きを持つ男。世の禿男子の希望の星が出ている1本。そう、今回ご紹介の「理由」はショーンが猟奇殺人の真相を追う法律学者の役で頑張るんだけどさあ~~。平成21年5月21日よりいよいよ我…... [続きを読む]

受信: 2014/08/08 11:13

« テイク・ディス・ワルツ(take this waltz) | トップページ | ソルト(SALT) »