« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

ひみつのアッコちゃん

赤塚不二夫の「ひみつのアッコちゃん」の実写版です。とは言うものの魔法のコンパクトの設定以外は完全にオリジナルで、「ひみつのアッコちゃん」の実写版と言うよりは、普通に楽しめる楽しいオリジナル映画でした。


化粧好きのお母さんの影響から、小学5年生であるにもかかわらず、化粧大好きで、将来はモデルやキャビンアテンダントなど、ばっちり化粧ができる職業に憧れている加賀美あつ子ちゃん。みんなからはアッコちゃんと呼ばれています。そのアッコちゃん、お父さんからプレゼントでもらって、とても大事にしていたコンパクトをクラスの男子に割られてしまいます。非常にショックを受け、家で泣いていたところ、何やら光り輝くものがアッコちゃんを外に誘うのでした・・。

冒頭にも書いたとおり、設定以外は完全にオリジナルのストーリーとなっているため、原作のファンにとっては、微妙かもしれません。私はと言うと、アニメを見ていた記憶はありますが、中身はほとんど記憶なし。と言うことで、思い入れは特に無い状況です。そんな私の感想はと言うと非常に面白い映画でした。

見る前はあんまり期待もして無くて、もしかしたら退屈してしまうかなぁとも思っていましたが、そんなことは全然なくて、普通に面白かったです。それと言うのも綾瀬はるかが演じていた、心は子供のままで、見た目だけが大人のアッコちゃんが、全然わざとらしくなく、非常にナチュラルだったことが大きいのかなと思います。映画中、大人のアッコちゃんと子供のアッコちゃんが頻繁に入れ替わるのですが、その入れ替わりに全く違和感が無かったため、話の内容をそのままのみ込めた様な気がします。

内容的に実社会に合わせると突っ込みどころは満載なのですが、そう言う細かいことは気にせず、純粋に内容を楽しめれば、楽しい映画だと思いますので、そこは大丈夫と言う方にはお勧めです。ぜひ、ご覧ください。

・・・ちなみに、本ブログのタイトルは、アッコちゃんの魔法の呪文をもじったものだったりします。と言うのは、言わなくてもわかるでしょうが、なんとなく黙ってるのもなんでしたので。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ソルト(SALT)

アンジェリーナ・ジョリーが大活躍のアクション映画でした。ほぼ最初から最後までアクション、アクションと言う感じ。で、非常に面白かったです。


スパイの容疑で北朝鮮で捕まったアメリカ人のソルトは、スパイであることを否定するものの、ひどい拷問に苦しめられていました。そんな中、アメリカと北朝鮮の間で捕虜交換が成立し、ソルトは無事解放されます。ですが、捕虜交換で迎えに来たのはCIAの職員。実はソルトは実際にCIAの諜報員だったのでした・・・。

冒頭でも書きましたが、ここからちょっと間を置いたくらいで、後は、アクション、アクションの連続です。私自身はそう言うのはあんまり好きでなかったと思っていたのですが、非常にのめり込んで楽しめる映画でした。ま、それに加えて、騙し、騙しの連続で、何が本当なの?と言う謎解きさすペンス風な要素もあったりするんですけどね・・。

それにしても、アンジェリーナ・ジョリーはすごいですね。あれで、ケガは無かったんかいなと思ったりしたりもしつつ、女って・・。と言う感じでしたかね。非常に楽しめる映画でしたので、ぜひご覧ください。

以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »