« ブルーサンダー(BLUE THUNDER) | トップページ | 宇宙水爆戦(THIS ISLAND EARTH) »

人生の特等席(TROUBLE WITH THE CURVE)

クリント・イーストウッド主演の親子の愛情を描いたヒューマンドラマでした。監督はクリント・イーストウッドじゃないみたいですね。


メジャーリーグのスカウトマンとして長年生きてきたガス。一人親であるのに、スカウトのために直接候補者の試合を見に全米を飛び回ってたため、1人娘のミッキーは長年ほったらかしでした。その娘は成長し、法律事務所で腕を振るっていました。ガスはそれを自慢に思っていましたが、肝心の娘との接し方がぶっきらぼうなため、その関係はぎくしゃくしたまま。スカウトの業務もコンピュータを駆使する若手に押され気味の様な状況でした・・・・。

そのガスの役をクリント・イーストウッドが演じていたのですが、こういう頑固な年寄りを演じるのがうまいと言うか、はまり役ですね。しばらく娘と行動を共にする過程は「グラン・トリノ」似にた感じもありましたかね。いい映画でしたので、ぜひご覧ください。


以上、ご参考。


  

|

« ブルーサンダー(BLUE THUNDER) | トップページ | 宇宙水爆戦(THIS ISLAND EARTH) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/48287504

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の特等席(TROUBLE WITH THE CURVE):

» 『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...... [続きを読む]

受信: 2013/04/26 06:40

» 人生の特等席 [いやいやえん]
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよくある話かもー。エイミー・アダムスさんが娘役です。 ガスは年齢のこともあり、スカウトに必要な視力も衰えてきた。球団は彼の後任を探し始めるが、ガスとは30年来の友人の計らいで、疎遠の一人娘ミッキーを呼び付ける。弁護士として人生を成功させた彼女だが... [続きを読む]

受信: 2013/05/13 09:27

» 人生の特等席 [映画に耽溺]
「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰ってきたわよ」 「帰ってきたわねえ」 「お帰りなさい!」 「お帰りなさいクリント!!」 「おかずです!」 「ずーこです!!」 「2人揃って」 「冬はお団子」 「じゃないでしょ!」 「映画に耽溺~~…... [続きを読む]

受信: 2014/12/21 11:01

« ブルーサンダー(BLUE THUNDER) | トップページ | 宇宙水爆戦(THIS ISLAND EARTH) »