« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

ルーパー(LOOPER)

タイムトラベルが可能になった世界を扱ったSF映画でした。タイムトラベルを扱った作品にしては、内容がシンプルで見やすかったです。


タイムマシーンが完成し、タイムトラベルが可能になった30年後の未来。タイムトラベルは法律で禁じられ、犯罪組織が隠れて利用するのみとなっていました。その未来の犯罪組織から雇われているジョーは、組織から指定の場所に指定の時間に送られてくる標的を射殺するという「ルーパー」という仕事を続けていたのでした…。

冒頭にも書きましたが、こういったタイムマシンがらみの映画は設定や伏線が複雑になりがちですが、タイムトラベルに伴う現象が割とシンプルに描かれており、そのようなややこしさがなくて見やすかったです。その割には、エスパーの要素もちょっと出てきたり、母の愛の偉大さも出てきたりもして、ライトなSFが好きならば楽しめる映画じゃないでしょうか。気になったかたはご覧ください。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シェフ!(Comme un Chef)

ジャン・レノ主演のとあるレストランを舞台にしたコメディーでした。ジャン・レノは初めてかも知れません。他の作品も見たくなりました。


高級三ツ星レストランのシェフをしているアレクサンドルは、長年そのレストランの三ツ星評価を守りつつ、人気の料理番組に出演していたりと人気と実力を兼ね備えたシェフでした。ですが、最近は新作も振るわず、新しいタイプの料理について行けていない様で、世間の評価も厳しい感じです。近々、審査員がお忍びで来ると言う噂のある中、レストランのオーナーからは三ツ星を維持できなければクビだと宣言されてしまいました・・・。

そんなアレクサンドルに憧れているジャッキー。彼はアレクサンドルの創作したメニューをすべて記憶し、そのレシピ通りに料理することができるシェフでした。ですが、彼が務める小さなレストランでは、アレクサンドルが考案したような高級料理は求められていません。それにも構わず、その料理を推し進めようとする彼はどこのレストランからも断られ、仕事としてシェフを続けることができないような状況です。そういったわけで、ジャッキーがペンキ塗りの仕事をしていたところ、偶然にもアレクサンドルの目に留まったのでした・・・。

ということで、落ち目のシェフとうだつの上がらないシェフが織りなすコメディです。彼ら一人一人の言動はもとより、彼ら二人の掛け合いもなかなか絶妙で楽しい映画でした。ジャン・レノのイメージはあまり持っていなかったのですが、この映画では、とてもいい味を出していて、冒頭にも書いた通りほかの映画も見たくなった次第です。ただ、他のタイトルを見てると、この映画だけちょっと特殊なキャラを演じていたのかもしれませんが・・。


ま、ジャン・レノのイメージはともかくこの映画自体は面白かったので、お勧めしておきます。ぜひご覧ください。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »