« フェノミナン(PHENOMINON) | トップページ | シティーハンター(城市獵人) »

チェンジリング(CHANGELING)

クリント・イーストウッド監督のサスペンス映画でした。実話をもとにしているそうです。ちなみに、クリント・イーストウッドは出ていませんでした。


女手一つで息子のウォルターを育てているクリスティンは、ある休日にウォルターと映画を見に行く約束をしていました。ところが、その日に欠員が出たため、代わりに出勤するように要請されてします。彼女は断ろうとしましたがかなわず、仕方がないのでウォルターにはごめんして仕事にでかけました。早めに帰宅する約束をしていましたが、それもかなわず、遅れて帰宅をすると家の中に人の気配がしませんでした・・・。

この物語の年代は警察の対応が最悪だったらしく、手っ取り早く済ませようとする対応で非常にややこしい事態になっていきます。事態が解決しないため、クリスティンは警察に強く要望を出しますが、それに対して信じられない対応をされてしまいます。この映画の舞台は1920年代なのですが、国家権力でこういう対応をされてしまうと恐ろしいですね…。

サスペンス的な要素もいろんな人の心象描写などもとても興味深い映画でしたので、ぜひご覧ください。


以上、ご参考


  

|

« フェノミナン(PHENOMINON) | トップページ | シティーハンター(城市獵人) »

サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/50231694

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング(CHANGELING):

» チェンジリング [象のロケット]
1928年、クリスティンの9歳になる息子ウォルターが行方不明になった。 5ヶ月後、見つかったとの朗報が届くが、現れたのはウォルターだと名乗る見知らぬ少年。 事件解決をアピールすることしか頭にないロサンゼルス市警は、子どもの成長は思った以上に早いと言って全く取り合わず、逆にクリスティンが非難されてしまう…。 実話に基づく社会派サスペンス。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2013/03/11 14:56

« フェノミナン(PHENOMINON) | トップページ | シティーハンター(城市獵人) »