« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

シンプル・プラン(a simple plan)

平凡な暮らしをしていた人たちが金がらみのトラブルで人生が狂ってしまうというサスペンス&ドラマでした。


片田舎で地味な仕事を黙々と真面目にこなしていたハンクは、貧しいながらも妻のサラが身ごもり、幸せな生活を送っていました。ある日、独身で失業中の兄ジェイコブと同じく失業中の兄の友人のルーとで出かけた帰り、雪の積もる森の中に墜落したセスナを見つけました。中を調べてみると、パイロットは既に死亡しています。そして、その死体と一緒に大金の入った袋を見つけたのでした…。

と言うことで、いきなり大金を手にして、よからぬことを考えてしまったため、どんどん深みに入って取り返しがつかなくなっていきます。その元凶がハンクで、恐らく自分の行動が最善と信じて行動しているんでしょうが、周りはそれに巻き込まれて・・と言う感じですね。

割と暗めで、個人的にはハンクがどうもいけ好かないため、見ながら多少イライラしてしまった映画でしたが、興味が出た方はご覧ください。って、書き方がよくないですね・・・。ま、個人的な感想と言うことで。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シティーハンター(城市獵人)

漫画「シティーハンター」をジャッキー・チェン主演で実写化したアクションコメディでした。と言っても、設定以外は「シティーハンター」と言う感じではなかったですけどね。


シティーハンターとして、探偵家業の様な仕事をしている冴羽獠は、相棒の槇村の死に際の頼みで彼の妹の香を引き取ることになりました。それから一緒に暮らしているのですが、引き取った当時は子供だった彼女もすっかり大人の女性になり、女にだらしない獠にいつもイライラさせられています。そんなある日、獠の元に家出したとある会社の社長の娘の捜索依頼が来たのでした…。

冒頭の槇村の死のシーンがいきなりコントっぽく始まり、ちょっと拍子抜けしてしまったのですが、そこから全編がコメディ一色と言う感じの映画でしたね。「シティーハンター」もそうですが、とんねるずの「ガラガラヘビがやってくる」のパロディ(?)によるダンスシーンやストリートファイター2のコスプレのシーンなど、たぶん当時の日本で流行ってたものをてんこ盛りにした感じのものでした。ガラガラヘビのシーンはみんなでダンスしている姿がすげえ楽しそうでしたけどね。

ジャッキー・チェンのシティーハンターと聞いて、「おぉ、ジャッキーなら適役!」などと思っていたのですが、あまり、シティーハンターは関係ない普通(ややふざけ気味)のジャッキー映画と言う感じでしたかね。その辺はこだわらずに単なるおふざけ映画としてみれば、面白いんじゃないかと思います。個人的には楽しめる映画でした。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェンジリング(CHANGELING)

クリント・イーストウッド監督のサスペンス映画でした。実話をもとにしているそうです。ちなみに、クリント・イーストウッドは出ていませんでした。


女手一つで息子のウォルターを育てているクリスティンは、ある休日にウォルターと映画を見に行く約束をしていました。ところが、その日に欠員が出たため、代わりに出勤するように要請されてします。彼女は断ろうとしましたがかなわず、仕方がないのでウォルターにはごめんして仕事にでかけました。早めに帰宅する約束をしていましたが、それもかなわず、遅れて帰宅をすると家の中に人の気配がしませんでした・・・。

この物語の年代は警察の対応が最悪だったらしく、手っ取り早く済ませようとする対応で非常にややこしい事態になっていきます。事態が解決しないため、クリスティンは警察に強く要望を出しますが、それに対して信じられない対応をされてしまいます。この映画の舞台は1920年代なのですが、国家権力でこういう対応をされてしまうと恐ろしいですね…。

サスペンス的な要素もいろんな人の心象描写などもとても興味深い映画でしたので、ぜひご覧ください。


以上、ご参考


  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

フェノミナン(PHENOMINON)

ジョン・トラボルタ主演のちょっと切ないドラマでした。途中まで、SFか?とか思いながら見てたところ、そういう感じではなかったです。


アメリカの田舎でのんびり暮らしていたジョージは、その性格から町の人々から愛されて、日々楽しく生活していました。そんな中、町の人々が行きつけのバーで誕生パーティを開いてくれます。彼は、いつもの通りご機嫌で楽しんでいましたが、外に出ているときに上空から突如現れた光に包まれ、気を失ってしまうのでした…。

この現象の後、彼は不思議な力を獲得するのですが、それによる知人の態度の変化、またそれを知った社会の対応等に悩まされてしまいます。


という感じで、最初はSFか?と思ったりもしたのですが、そういう感じではなく、友情あり、ロマンスありのヒューマンドラマでした。いい映画でしたので、ご覧下さい。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »