« キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け(ARBITRAGE) | トップページ | ジャッキー・コーガン(KILLING THEM SOFTLY) »

天使の分け前(THE ANGELS' SHARE)

ケン・ローチ監督のヒューマンドラマでした。


ケンカで相手に怪我をさせ、裁判で社会奉仕活動を命じられたロビー。彼には現在、恋人との間に子供ができていました。出産を間近に控え、彼は更生を誓いますが、ケンカ相手がそれを許さず、また、そういう環境を見て恋人の父親からは娘と別れるように強く促されます。それでも彼は更生を誓って奉仕活動をしていたところ、指導員のウィスキー愛好家からウィスキーの試飲会に誘われるのでした…。

ケン・ローチ監督の映画は「エリックを探して」と合わせて2作目なのですが、この監督の映画はいいですね。この映画も比較的貧しい層と思われる人たちの日常を描きつつ、緊迫してドキドキするシーンがあったり、ほろっとくるシーンがあったりととてもいい映画でした。

まだ上映している劇場もあると思いますし、お勧めですので、ぜひご覧ください。


以上、ご参考。


  

|

« キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け(ARBITRAGE) | トップページ | ジャッキー・コーガン(KILLING THEM SOFTLY) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/51506040

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の分け前(THE ANGELS' SHARE):

» 天使の分け前 [象のロケット]
スコットランド・グラスゴー。 暴力事件を起こした青年ロビーは、300時間の社会奉仕活動を命じられる。 鷹揚な現場指導者のハリーはウイスキー愛好家で、“課外活動”と称して若者たちを蒸留所見学に連れ出した。 ウイスキーの世界に興味を持ったロビーはテイスティングの才能に目覚めていく。 そんな時、オークションに最高級のスコッチウイスキーが出品されるという情報を耳にする…。 コメディ。... [続きを読む]

受信: 2013/05/13 02:07

» 天使の分け前 [とりあえず、コメントです]
ケン・ローチ監督がスコットランドを舞台に描いて昨年のカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したドラマです。 予告編を観て、ウイスキーとの出会いが青年の人生をどんなふうに変えたのだろうと気になっていました。 厳しい生い立ちから辛い人生を送った青年が新たな未来へと向かう姿に、希望を感じるような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013/05/24 00:43

» 「天使の分け前」 [ここなつ映画レビュー]
銀座にあるテアトルシネマが閉館となったのは今年の5月。さよならロードショーとして選ばれたのが、この「天使の分け前」。名匠ケン・ローチ監督作品で、銀座の名画座がフィナーレを飾るには相応しい選択のように思う。 ケン・ローチにしては小粒な作品のような気もするけど、相変わらず社会風刺が盛り込まれていて、相変わらず労働者の味方である。 短く言ってしまうと、社会の底辺に居る若者達が、ボランティア活動を通じて知り合った男に伝統的なスコッチの蒸留所見学に連れて行かれ、自分達には縁のないように思えた高級ス... [続きを読む]

受信: 2014/01/09 10:44

« キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け(ARBITRAGE) | トップページ | ジャッキー・コーガン(KILLING THEM SOFTLY) »