« プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(THE PLACE BEYOND THE PINES) | トップページ | ハード・ラッシュ(CONTRABAND) »

モネ・ゲーム(Gambit)

キャメロン・ディアス、コリン・ファースが主演のコメディでした。予想外の結末で面白かったです。


堅物そうないでたちのハリーは、シャバンダーと言うお金持ちの元で、彼の美術品コレクションのために鑑定を行っていました。コレクション収集のためには欠かせない彼ですが、シャバンダーはそこまでは感じていない様で、常日頃罵倒される毎日でした。そんなシャバンダーの鼻を明かすため、ハリーは彼にお気に入りのモネの作品の贋作をつかませようと企てるのでした…。

コリン・ファースが演じるハリーはキャメロン・ディアスを巻き込んで計画を推進して行きますが、当初のもくろみは冒頭から外れ、失職の危険も出てきたりします。まあ、それでも動機が復讐に近いこともあり、何とか盛り返していく感じですね。

途中、いかにもな日本人の団体が出てきます。「シェフ!」でも極端な日本人のデフォルメがされてましたが、最近は日本のことが分かった上で、わざと変なところ(外人が変と感じるところ?)を強調している感じがしますね。でも、後からよく考えるとイギリス人もアメリカ人も割と典型的な認識で描写されていたような気がします。また、日本人についても無駄に深読みすると、実は相手を油断させるためにわざとあ〜言う態度を取る時があるので侮るなよ。と描いてたのでは?と思いましたとか書いたりして・・・。ドイツ人はちょっと違う気がしましたけど、あれも意図があるのか・・?

ちょっと、中だるみを感じるところもありましたが、全体的には面白かったですし、結末は割と予想外(冒頭からちゃんと意識して見てれば予測はできたかも・・)だったので、まだ見てない方は是非ご覧になってください。


以上、ご参考。


  

|

« プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(THE PLACE BEYOND THE PINES) | トップページ | ハード・ラッシュ(CONTRABAND) »

コメディ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/51794096

この記事へのトラックバック一覧です: モネ・ゲーム(Gambit):

» モネ・ゲーム [象のロケット]
イギリスの美術鑑定士ハリーは、印象派の巨匠モネの消息不明の名画「積みわら」を使った大掛かりな贋作(がんさく:偽物)詐欺を企てる。 ターゲットはハリーの雇い主で傲慢な大富豪ライオネル・シャバンダー。 完璧な贋作を用意し、美人の相棒PJに由緒正しい持ち主を演じさせるというシナリオは完璧だったが、アクシデントの連続でハリーは金欠に陥ってしまう…。 クライム・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2013/06/04 10:37

» モネ・ゲーム [いやいやえん]
コリン・ファースさん♪とキャメロン・ディアスさん共演。アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチさんらも出演してます。60年代の傑作コメディ「泥棒貴族」をほとんど脚色して生まれ変わらせたという脚本は、確かにコメディになってるものの大笑いにはつながらない。 まっなんにせよ、美術鑑定士のコリンもいいわぁ〜。勿論コリンしかみてないですけど、なんですか?(開き直り) 真面目な英国人役ってコリン・ファースは、やはり上手いですよね〜。椅子をずり近づくとことか良かったですが、それにしても殴られまくり... [続きを読む]

受信: 2013/11/05 08:46

« プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(THE PLACE BEYOND THE PINES) | トップページ | ハード・ラッシュ(CONTRABAND) »