« ハード・ラッシュ(CONTRABAND) | トップページ | バーニー みんなが愛した殺人者(BERNIE) »

さよなら渓谷

13061700
真木よう子主演の人間ドラマでした。フィクションの様ですが、現実の様にも見えるよいドラマでした。


静かな渓谷でけだるい感じで二人で過ごしていた俊介とかなこでしたが、隣の家で幼児が殺される事件が発生、実母が怪しいということでマスコミが押し寄せるような状況になっていました。結局実母が逮捕されますが、彼女は隣の俊介との不倫関係が原因と証言します。急きょ事情聴取を受けることになった俊介は不倫の事実を否定しますが、ある日、かなこは俊介と逮捕された女は不倫関係にあったと警察に電話します。それがきっかけで俊介は留置されてしまうのでした…。

かなこが電話をしたことや俊介がそれを強く否定しないことなど、冒頭のあたりでは「なんでかな?」と不思議に思っていましたが、その理由が事件を追っていた記者の取材から次第に明確になってきます。実際に発生しうる事件とその被害者のその後の状況など、非常にのめりこめる内容でした。

最終的にはかなこが本当に幸せになるためにとったと思われる行動で、二人が本当に幸せになればいいのになと感じたのでした。非常にいい映画でしたので、ぜひご覧ください。


以上、ご参考。



  

« ハード・ラッシュ(CONTRABAND) | トップページ | バーニー みんなが愛した殺人者(BERNIE) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら渓谷:

» さよなら渓谷 [象のロケット]
緑豊かな渓谷の近くにある老朽化した市営団地で、母親による幼児殺害事件が発生し、団地には多くのマスコミが押し寄せていた。 翌日、隣室の男・尾崎が母親と不倫関係にあったという通報があり、尾崎も警察で事情聴取を受けることに。 その通報をしたのは、何と尾崎の妻かなこだという。 尾崎の過去を洗い始めた週刊誌記者・渡辺は、彼が15年前に集団レイプ事件を起こしていたことを知るのだが…。 ミステリー。... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [映画的・絵画的・音楽的]
 『さよなら渓谷』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)『モテキ』や『外事警察』などで印象深い真木よう子の主演作と聞いて映画館に出かけましたが、平日の夕方にもかかわらず、かなり観客は入っていました(注1)。  物語の舞台は、ある渓谷(注2)の近くに設けられてい...... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [とりあえず、コメントです]
吉田修一著の同名小説を大森立嗣監督&真木よう子主演で描いた愛憎渦巻く人間ドラマです。 辛そうだなとなかなか観に行けなかったのですけど、やっぱり気になるのでチャレンジしてみました。 こんなふうに深く通じ合う二人なのになんて悲しいのだろうと思いながら、 主人公たちの行く末を見つめていました。 ... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [単館系]
さよなら渓谷 ユナイテッド・シネマ浦和 6/22公開 緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発生し、容疑者として母親が逮捕される。 隣の家に住んでいる尾崎俊介(大西信満)がその母親と不倫していたので...... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [とりあえず、コメントです]
吉田修一著の同名小説を大森立嗣監督&真木よう子主演で描いた愛憎渦巻く人間ドラマです。 辛そうだなとなかなか観に行けなかったのですけど、やっぱり気になるのでチャレンジしてみました。 こんなふうに深く通じ合う二人なのになんて悲しいのだろうと思いながら、 主人公たちの行く末を見つめていました。 ... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [とりあえず、コメントです]
吉田修一著の同名小説を大森立嗣監督&真木よう子主演で描いた愛憎渦巻く人間ドラマです。 辛そうだなとなかなか観に行けなかったのですけど、やっぱり気になるのでチャレンジしてみました。 こんなふうに深く通じ合う二人なのになんて悲しいのだろうと思いながら、 主人公たちの行く末を見つめていました。 ... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [とりあえず、コメントです]
吉田修一著の同名小説を大森立嗣監督&真木よう子主演で描いた愛憎渦巻く人間ドラマです。 辛そうだなとなかなか観に行けなかったのですけど、やっぱり気になるのでチャレンジしてみました。 こんなふうに深く通じ合う二人なのになんて悲しいのだろうと思いながら、 主人公たちの行く末を見つめていました。 ... [続きを読む]

» さよなら渓谷 [とりあえず、コメントです]
吉田修一著の同名小説を大森立嗣監督&真木よう子主演で描いた愛憎渦巻く人間ドラマです。 辛そうだなとなかなか観に行けなかったのですけど、やっぱり気になるのでチャレンジしてみました。 こんなふうに深く通じ合う二人なのになんて悲しいのだろうと思いながら、 主人公たちの行く末を見つめていました。 ... [続きを読む]

« ハード・ラッシュ(CONTRABAND) | トップページ | バーニー みんなが愛した殺人者(BERNIE) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

  • Twitter



    象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター

キャンペーン


  • 電子書籍ストア BookLive!

    セシール

ショップ







  • ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋









提携





Google

BOOK OFF

  • ブックオフオンライン
無料ブログはココログ