« エンド・オブ・ウォッチ(END OF WATCH) | トップページ | 危険なプロット(DANS LA MAISON) »

終戦のエンペラー(EMPEROR)

終戦直後の天皇陛下の扱いにまつわる出来事を、天皇陛下の開戦時の役割の調査を命じられたフェラーズ准将の視点を中心に描いた映画でした。トミー・リー・ジョーンズがマッカーサーの役を演じています。


日本のポツダム宣言受諾後、マッカーサー率いる米軍が東京に入ってきます。マッカーサーが最初に行う必要があったのは、戦争犯罪容疑者のあぶり出しと検挙です。その中で最も重要だったのは天皇陛下の扱いでした。彼は部下のフェラーズに天皇陛下の戦争への関与について調査する様に命じたのでした・・。

終戦直後をアメリカの視点で描いてるものは私は初めて見たのですが、日本人の美学や天皇陛下周辺の人間の陛下への思いなど、理解できなくて難儀している姿がよく現れていました。特にフェラーズ准将の訪問の際、陛下が御前会議で唄ったと言う短歌を宮内次官の関屋が詠むシーンなどはその最たるものなんじゃないでしょうか・・。

物語全体は、フェラーズ准将のラブストーリーでややマイルドに仕上げられていましたが、終戦直後をアメリカの視点で描いた作品として一見の価値があると思います。この辺りの歴史に興味のある方はぜひご覧下さい。

以上、ご参考。


  

日比谷花壇_リニューアルキャンペーン2013

|

« エンド・オブ・ウォッチ(END OF WATCH) | トップページ | 危険なプロット(DANS LA MAISON) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/52921601

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦のエンペラー(EMPEROR):

« エンド・オブ・ウォッチ(END OF WATCH) | トップページ | 危険なプロット(DANS LA MAISON) »