« ウォルト・ディズニーの約束(SAVING MR. BANKS) | トップページ | 永遠の0 »

ダラス・バイヤーズクラブ(DALLAS BUYERS CLUB)

自由奔放な暮らしをしていてHIVに感染してしまった男が、余命30日を宣告されてから、延命のために奮闘するという実話に基づいたドラマでした。



ロデオのカウボーイであり、電気技師であったロンは、女好きで好き勝手にしていた結果、HVIに感染してしまいます。初めは単なる体調と考えていたところ、医者からHVIで余命が30日であることを宣告されてしまいます。当時、HVIはゲイがなる病気だとの認識が強く、始めはでたらめだと怒りまくって無視していましたが、余命が短いと宣告されたことから自分で病気についての調査を開始したのでした・・・。

実話に基づいた映画とのことですが、この話ではアメリカ人のバイタリティのすごさに感心してしまいました。それと合わせて、アメリカも問題をいろいろ抱えてるなぁという感じです。いい映画でしたので、ぜひご覧ください。


以上、ご参考。


  

|

« ウォルト・ディズニーの約束(SAVING MR. BANKS) | トップページ | 永遠の0 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/55806294

この記事へのトラックバック一覧です: ダラス・バイヤーズクラブ(DALLAS BUYERS CLUB):

» ダラス・バイヤーズクラブ [象のロケット]
1985年、アメリカ・テキサス州ダラス。 ロデオ(暴れ牛に乗る競技)に夢中のカウボーイで電気技師のロンは、HIV陽性(AIDS:エイズ)で余命約30日と宣告される。 病気について徹底的に調べ始めたロンは、性同一障害者の男性レイヨンと組んで、米国未承認エイズ治療薬の密売組織“ダラス・バイヤーズクラブ”を立ち上げる。 副作用の強い治療薬AZTを推奨する医師、製薬会社、政府との徹底抗戦が始まった…。 実話から生まれた社会派ヒューマンドラマ。 R-15。... [続きを読む]

受信: 2014/04/25 13:07

» 「ダラス・バイヤーズクラブ」 [ここなつ映画レビュー]
マシュー・マコノヒーが圧倒的な存在感で第86回アカデミー賞主演男優賞を獲得したこの作品であるが、賞獲得が決定する前に見た劇場予告編で既に鑑賞意欲は高まっていた。だから、ダメ〜な感じを最後まで貫いてのマシュー・マコノヒーかと思っていたら、そんな事は全然なくて、むしろ社会問題を提起するような作品。こちらの勝手だけれど、ダメ〜う〜んダメダメ〜(チャラいという意味ではないよ)、というのを期待していたのでその点は肩透かし。でも、アメリカのクスリ社会、医療、同性愛の問題点を、鋭くえぐった作品として観れば、たいし... [続きを読む]

受信: 2014/05/26 14:22

» Blu-ray:ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club 命を賭けた闘いの男儀ぶりに降参! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。 エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。 フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに? ところが主人公はロデオ乗り。 男の中の男、が売りで...... [続きを読む]

受信: 2014/09/09 06:17

« ウォルト・ディズニーの約束(SAVING MR. BANKS) | トップページ | 永遠の0 »