« ミュージアム | トップページ | 午後8時の訪問者(LA FILLE INCONNUE) »

わたしは、ダニエル・ブレイク(I, DANIEL BLAKE)

今回は、イギリスのケン・ローチ監督の作品で、イギリスの社会制度の問題点を描いたドラマでした。



と、一言で片付けてしまうのもなんですが、日本で言う生活保護とか、そういった類の補助金にまつわるお話でした。まあ、イギリスも色々問題がある様で、日本でも貧困の問題は色々考えないとダメですよね。

カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したとのことで、いい映画でしたので、ぜひご覧ください。

以上、ご参考。


   

|

« ミュージアム | トップページ | 午後8時の訪問者(LA FILLE INCONNUE) »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/70112327

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは、ダニエル・ブレイク(I, DANIEL BLAKE):

» わたしは、ダニエル・ブレイク [象のロケット]
イギリス、イングランド北東部の工業都市ニューカッスル・アポン・タイン。 59歳の大工ダニエル・ブレイクは、心臓病で医者から働くことを禁止される。 ところが、雇用支援手当の継続審査では「就労可能、手当中止」と判定されてしまう。 そんな時、ダニエルは近所に住むシングルマザーのケイティと出会う。 幼い子どもを2人も抱え仕事もないケイティを、何かと手助けするダニエルだったが…。 社会派ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017/04/02 10:38

» わたしは、ダニエル・ブレイク [映画的・絵画的・音楽的]
 『わたしは、ダニエル・ブレイク』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作(注1)が昨年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した作品ということで(注2)、映画館に行きました。  本作(注3)の舞台は、現代のニューカッスル。  本作の冒頭では、主人公のダニエル...... [続きを読む]

受信: 2017/04/18 18:43

« ミュージアム | トップページ | 午後8時の訪問者(LA FILLE INCONNUE) »