« わたしは、ダニエル・ブレイク(I, DANIEL BLAKE) | トップページ

午後8時の訪問者(LA FILLE INCONNUE)

今回は、ベルギー・フランス合作のサスペンス映画です。個人的にはドラマという気もしてますが・・。




主人公はお医者さんなのですが、診療時間外に診療所を訪ねてきた人をスルーしたところ、後日、その人がその直後に亡くなる事件が起きたことが判明。身元不明で処理されていくことに、自責の念からその人の身元を探し始めると言ったお話でした。

サスペンスっぽい要素は比較的薄めに感じましたが、いい映画でしたので、ぜひご覧になってください。

以上、ご参考。


|

« わたしは、ダニエル・ブレイク(I, DANIEL BLAKE) | トップページ

サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1251627/70262815

この記事へのトラックバック一覧です: 午後8時の訪問者(LA FILLE INCONNUE):

» 『午後8時の訪問者』('17初鑑賞38・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月19日(水) シネ・リーブル神戸 スクリーン2にて 14:15の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2017/04/22 18:09

» 午後8時の訪問者 [映画的・絵画的・音楽的]
 『午後8時の訪問者』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)『ロルナの祈り』や『少年と自転車』で印象深かったダルデンヌ兄弟の作品ということで映画館に行ってきました〔補注〕。  本作(注1)の冒頭は、都市郊外にある小さな診療所の診察室(注2)。  主人公の女医・ジェニー(アデル・エネル)が、患者の背中に聴診器を当てて診ています(注3)。研修医のジュリアン(オリヴィエ・ボノー)も聴診器を当て、「肺気腫では?」と言います。  ジェニーは、再度聴診器を当てて、「気管支炎による喘息かも」「レントゲンを見ましょ... [続きを読む]

受信: 2017/04/28 06:14

« わたしは、ダニエル・ブレイク(I, DANIEL BLAKE) | トップページ