ホラー

シャッターアイランド(SHUTTER ISLAND)

シャッター アイランド  [DVD]
レオナルド・ディカプリオ主演のサスペンス。ややホラー?という感じの映画です。内容がやや複雑、と言うかその複雑さを楽しむ、そんな感じの映画ですかね。


レオナルド・ディカプリオ演じる連邦保安官テディ・ダニエルズは、精神疾患を患っている犯罪者を収容するシャッターアイランドと言う孤島で起こった事件を調査するために派遣されてきました。途中、他の連邦捜査官と合流しますが、実はテディがこの島に渡ったのには、他の目的もあったのでした・・。

この作品は時代が1954年に設定されています。冒頭、船で島に渡るシーンを含めて幾つかのシーンではその雰囲気を出すためか、なんとなく古い映画のような雰囲気の映像になっています。また、この時代はまだ第二次世界大戦の記憶が新しい頃の様で、テディは自身の戦争体験、そしてその後の妻との体験をトラウマとして抱えたまま捜査にあたっています。さらに、舞台が精神病疾患の治療施設と言うことで、人々の証言や自分の記憶など、様々なことに対して、何を信用したらいいのか多少混乱気味に話が進んで行く感じでした。

ゆるいホラー気味の演出と、不気味な話の展開、取り扱ってるテーマの内容などいろいろな意味で怖い映画でした。あっ、後、関係ありませんが「Dearフランキー」でお母さん役をしていたエミリー・モーティマーも割と重要な役で出ていました。この人、キュートですね。って、キュートっていう年齢でも無い様ですが・・。


以上、ご参考。




  

| | コメント (0) | トラックバック (5)

さまよう魂たち(THE FRIGHTENERS)

 さまよう魂たち 【ユニバーサル・セレクション¥1500 第5弾】 最初の作品はマイケル・J・フォックス主演の「さまよう魂たち」です。

マイケル・J・フォックスがうさんくさい除霊師を演じています。彼は死んだ人の霊が見えるだけではなく、その霊とコミュニケーションまでとれる才能を持っています。その才能を生かし、超常現象を経験した人から除霊と言う名目で金を巻き上げると言うことで生計を立てていました。で、「金を巻き上げる」と書きましたが、その才能の生かし方が詐欺的です。仲良くなった霊とつるんで、超常現象で人を脅かし、その人がビビっているところで除霊したふりをして報酬をいただくと言う感じ。と言うことで、最初の方は、単なるどたばたコメディーかなとも思っていました。が、途中から町で頻発していた原因不明の死亡事故や彼がその特殊能力を得るきっかけになった過去、加えてその町の過去などと絡んできて、ややサスペンスと言うか、ホラーの混じったミステリーっぽい内容になっています。

この映画、私はマイケル・J・フォックスのファンなので、見てみようと思ったんですが、前半は多少、失敗したかとも感じました。ですが、途中からは面白みが沸いてきて最後の方はほんとにサスペンスと言う感じでよかったです。ラストはなんかほんわかした気分で終わりました。この辺は彼が出ている映画に割と共通すると思うんですがどうでしょう。


以上、ご参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)