戦争

永遠の0

太平洋戦争中のとあるゼロ戦のパイロットの考え方・生き方とその周辺の人々の人生を通して、当時の人々の苦悩や戦争のばからしさを描いた映画でした。





司法試験浪人中の健太郎は祖母の葬儀の中で、ずっと祖父と思っていた人が実は血縁関係はなく、血縁関係のある実祖父は太平洋戦争中に戦死していたことを知ります。実祖父について何も語らなかった祖母。姉の誘いもあり、実際の祖父がどういう人であったのか、戦時中の実祖父の知り合いを聞き歩いていくことになったのでした・・。

その実祖父がゼロ戦のパイロットだったのですが、戦時中の人々のいろいろな考えや、作戦の理不尽さ、関係者の生活への影響などいろいろ詰まっていながら、非常にいいストーリーのドラマになっていました。見る前はゼロ戦かっこいい系の話かと思っていて、実際にゼロ戦の映像も非常にきれいでかっこ良かったのですが、そう言う単純な映画ではなかったですね。とてもいい映画でしたので、未見の方はぜひご覧ください。


以上、ご参考。


  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

硫黄島からの手紙(LETERS FROM IWO JIMA)

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]
クリント・イーストウッド監督の硫黄島での戦闘を日本側の視点から描いた映画です。米側の視点からは「父親たちの星条旗」が同時に発表されていましたね。


太平洋戦争末期、元々パン屋だった西郷は硫黄島に配属され、塹壕堀りを命じられていました。そこで愚痴っていた内容を上官に聞かれ痛めつけられていたところ、新たに配属された栗林中将に助けられます。栗林中将は兵士を労わりもする様にその上官に命令するのでした。一通り島を確認した栗林中将は西郷らが命じられていた、海岸線の塹壕堀を中止させます。その代わり、地下壕を掘り、そこを拠点に米軍を迎え撃つ作戦を立案したのでした・・。

ま、旧日本軍のどうしようもない戦略の犠牲になった兵士たちですが、その上によくできた上官から、どうしようもない上官まで出てきます。太平洋戦争のころの映像を見るとどうしても今の会社の状況に重ねてしまいますねぇ・・。ま、偉そうに言えた立場でもないんですが・・。戦争は可能な限り避けるべきですね。

さて、この映画、クリント・イーストウッド監督なんですが、出てくるのはほぼ日本人のみで、台詞も日本語のため、まるで日本映画の様に感じられます。画面が洋画っぽいと言う気がしないでもないですけどね。内容もアメリカ人が見た日本と言う感じではなく、本当に日本の状況をちゃんと表していた気がします。この辺、クリント・イーストウッドのすごさが感じられました。「父親たちの星条旗」と合わせてお勧めの映画です。ぜひ、対でどうぞ・・。


以上、ご参考。






  

| | コメント (0) | トラックバック (3)

アバター(AVATAR)

アバター [初回生産限定] [DVD]
今話題の3D映画の大作「アバター」を見てきました。見る前に思っていたよりはいい映画でした。3D映画についての感想に興味がある方は「続きを読む」以降をご覧ください。


舞台は「パンドラ」と言う地球から遠く離れた星。そこでは、植物、動物に加えて「ナヴィ」と呼ばれる知能を持つ高等生物まで生息していましたが、それぞれが非常に良く調和して生活をしていました。調和の理由は植物・動物が互いに心の中を理解し合う事ができる共通の器官を持っていたため。それを通じてお互いを尊重し合って生きていたからでした。

その「パンドラ」には地球で非常に貴重とされている鉱物が埋蔵されています。それを知った地球の企業が「パンドラ」に進出。「アバター」と言う「ナヴィ」にそっくりの義体を作成し、リモートでそれを操り、鉱物採取の交渉を行おうとしています。で、交渉を進める一方、武力を用いて脅したりもしているのでした。

そんな中、主人公の元海兵隊員が、ひょんなことから「アバター」を操作する人員として「パンドラ」に送り込まれます。この人は地球の戦争で下半身不随になっていました。「アバター」を操作する間は、意識は完全に「アバター」に入り込み、体も不自由無く動かす事ができます。交渉のために「ナヴィ」理解する一方、武力行使に向けた情報の収集と言う2つの使命を実行に移して行くのでした・・。

・・・背景がフィクションなので、説明が長くなりましたねぇ。映画の内容はSF(ややファンタジー?)、ロマンスを主軸として、自然との調和の大切さを見せながら、戦争批判、企業批判、自然破壊批判と言う感じでしょうか。映画では事が誇張して表現されていますが、現実の企業でもはっきり言って、やっている事は大なり小なり同じに感じます。特に主人公を利用しようとする軍人の手法なんて、普通に企業内で日常的に取られてる方法ですね・・。

ちなみに、あらすじにはあまり関係ありませんが、地球側の兵器としてパワードスーツ風のロボットが出てきます。アップルシードと言うマンガに出て来るランドメイトと同じ様なもので、あちらがいかにも日本風な製品なのに対し、こちらのAMPスーツはいかにもアメリカ的な兵器。個人的には平和的な利用のために日本から出てきて欲しいなぁと思ってたりします。

だらだらと長くなってしまいましたが、映画自体は予想してたよりもずっといい内容でした。この映画はいろんな劇場でまだまだ上映されているでしょうからご覧になる事をお勧めします。


以上、ご参考。



続きを読む "アバター(AVATAR)"

| | コメント (0) | トラックバック (6)

プラトーン(PLATOON)

プラトーン (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]超有名(と思っていますが・・)なベトナム戦争の映画です。後から調べてわかったんですが、この作品の監督は7月4日に生まれての監督と同じオリバー・ストーンだとのことです。オリバー・ストーンってよく聞きますが、実際にベトナム戦争を経験してる方なんですね。


主人公のチャーリー・シーンは大学を中退し、志願してベトナム戦争へ参加します。貧しい人間ばかりがひどい目に遭うのが許せなかったと言ってました。が、実際に参加してみると、戦場は極限状態で、人の醜いところも出ますし、想像以上にひどい状況でした。

まあ、戦争を批判するよくある映画な感じですかね。と思ってたら、この映画が本格的にベトナム戦争の実際を描いた最初の作品だそうです。後の似たような作品は、おそらくこれに影響を受けてるんでしょうね・・。ここのブログでは割と戦争に関する映画が多い気がしますが、どれを観てもやっぱり、戦争になんか参加するもんじゃないですね。上の方は下の方を駒くらいにしか考えていないですからね・・。といっても、今は会社が同じような状況の気もしますが・・。とひねくれておきます。

想像していたグロイ描写はほとんどなく、それでもって、人の醜さ、戦争のあほらしさなんかが良く伝わってくる作品でした。と、私がこんな風に褒めるのも僭越の様な気もしますが、いい映画でした。


以上、ご参考。




ご購入はこちらでどうぞ。

 HMVジャパン TSUTAYA online ブックオフオンライン 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラ・トラ・トラ!(TORA!TORA!TORA!)

トラ トラ トラ! 【ベスト・ヒット・マックス】(DVD)
表題からわかると思いますが、日本の太平洋戦争の最初の戦闘となった真珠湾攻撃に関する映画です。開戦直前から真珠湾攻撃完了までの期間が対象です。日本側の描写とアメリカ側の描写の両方が描かれているのが面白いですね。


さて、この映画は日本の暗号がアメリカには筒抜けだったと言うアメリカの陰謀説が元になっています。ま、実際にどうなのかはまだ決着はついていないようなんですが・・。この映画が史実なのかどうかは置いておいて、日米双方とも最前線にいる当事者(外交関係者と軍部)は危機感を持って対応していたのに対し、その後ろの方で動いているえらい方々はそのような雰囲気を持っていないように描かれていましたね。まあ、なんとなくそうだったんだろうなぁと言う気もしますが。これで死者も出るんですから、戦争は本当に嫌ですね・・。派遣切りなんかもおんなじ気もしますがね。上の方々がそれを実施することで、下でどういうことが起こるかと言うのを想像していないと言う面で・・。

なお、真珠湾攻撃なので、零戦がたくさん出てきます。この映画は結構古い映画なんですが、零戦はかなりリアリティがあったように感じます。これって、実際にレプリカを飛ばしてたんじゃないですかね。最近なら変にCGっぽいのになってしまうかもしれませんが、こういう面は昔の映画の方がいいかもしれません。

ちなみに、連合艦隊の旗艦の艦長は黄門様(2代目)でした。


以上、ご参考。




ご購入はこちらでどうぞ。

HMVジャパン TSUTAYA online ブックオフオンライン   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライフ・イズ・ミラクル(LIFE IS A MIRACLE)

ライフ・イズ・ミラクル [DVD]


タイトルからして、ほのぼのした軽いコメディかなと思って見たんですが、確かにほのぼのした軽いコメディ(とロマンス)でしたが、単なるコメディではなく、どちらかと言うと戦争(紛争?)で翻弄される人々を描いた作品でした。ユーモアはあったけど、コメディではないかな・・?


はじめはほのぼのとしたシーンから始まります。場所はロシアのどこかかと思ってたんですが、ボスニアとかセルビアとかあのあたりだったようです。そこで平和な暮らしをしていた家族が、ちょっと前に始まったボスニア紛争をきっかけに、息子が徴兵され、お母さんは男とどっかに行ってしまい、とばらばらになってしまいました・・。主人公はこの家族のお父さんです。平和で基本的には温厚な性格で、このようなつらい中でも悲観的にならず、八つ当たりもせず、とても好感が持てました。

劇中、兵士が「俺たちの戦争じゃない。どっかの誰かの戦争だ。」とか言ってましたが、まあ、そういうのに巻き込まれる兵士も一般市民もたまったもんじゃないですね・・・。と言う感じで、戦争批判も入っているんだと思いますが全体的にはほのぼのした雰囲気のいい映画でした。


以上、ご参考。




ご購入はこちらでどうぞ。

TSUTAYA online セブンアンドワイ ブックオフオンライン 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers)

以前、「グラン・トリノ」を観たのですが、いい映画でした。監督はクリント・イーストウッドでした。それから、クリント・イーストウッドの映画が観たくなったんですが、その後の第一弾目です。この映画、太平洋戦争の硫黄島の戦闘についてアメリカ側の視点から書かれています。硫黄島に掲げられた星条旗に関する虚像と実際の戦闘の状況を当事者の視点で語ると言った感じです。


当時、アメリカではあの旗を立てたメンバーが英雄視されていた様です。ですが、実際には戦闘には当然たくさんの人がかかわっていますし、そもそも旗を立てたこと自体はたいした行為でありません。それに加えて、旗を立てた時にいたメンバーの半分は既に戦死している事もあり、騒がれて(利用されて)いる当人たちが苦悩しているところがメインに描かれています。また、合わせて戦争、戦闘の悲惨さ惨さも描かれていますが、こちらは必要以上に酷い描写は無く、悲惨さだけが伝わる様に考慮されている感じがして、なかなかバランスがいいなと感じました。


この映画、日本側の視点からのものもペアで作られていたと思うので、そっちも見たいですね。クリント・イーストウッドの映画をもっと見たくなりました。


以上、ご参考。




ご購入はこちらでどうぞ。

HMVジャパン TSUTAYA online セブンアンドワイ ブックオフオンライン 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-571

U-571 [Blu-ray]
表題の通り第二次世界大戦中のドイツの潜水艦U-571にまつわる映画です。ドイツ軍が主人公かと思ったら、アメリカ軍が主人公でした。でも、舞台はU-571の船内が中心です。


潜水艦の映画は私にとってこれが初めてですが、ああいった、閉鎖空間で機械に守られている状態って言うのは、非常に不安定で怖いですね。映画の内容は一人の軍人が、そんな閉鎖空間の中で、与えられたミッションを通じて、自分に足りなかったところを気づかせられながら、成長していくところを描いていると言う感じですかね。潜水艦の中にいるため、派手な戦闘シーンはありません。また、いくつか設定に無理がある面も感じられましたが、全体的にはまあまあ楽しめる映画でした。

やや、ヒーローものっぽい雰囲気も感じましたが、まあ、良くも悪くもアメリカ映画と言う感じでしょうか。


以上、ご参考。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターシップトゥルーパーズ(STARSHIP TROOPERS)

スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]
この映画、どこかのPCショップで流れていたのをちょっと見たことがあって気になってたんですが、初めて全部見ました。

ショップで見たときはでかい虫と戦ってたんで、どっかの星を探検してんのかと思ってましたが、なんと、甲虫類が進化した星との星間戦争ものでした。地球側はかなり危ない体制になっているようで、市民と一般民に身分が分かれているようです。兵役を経験しないと市民になれず、一般民では権利が色々と制限されている様子です。嫌な世界ですね・・。で、相手側は謎に包まれています。敵はみんな虫なんですが、重力か何かを操作して、隕石を地球に落として攻撃してくるとのこと。尻からプラズマ弾を打ってくる奴とかいろんな種類の虫が統率を取って動いています。どういう統率の仕方がされているのか?なんかが謎になってるんですね。

これはSFですが、一応は戦争もの。戦争の悲惨さを描きながらもややヒーローものになってますね。こういうのを見ると戦争感も揺らいできます。以前、戦争には参加するもんじゃないと書きましたが、これみたいに攻めて来られて、対抗せざるを得ない(話し合いはありえない)場合はそれもどうか考えてしまいますね。とは言え、参加してもコマ扱いされるだけですし。まあ、難しいです。

この映画、2、3と続いている様で、これは一応、これだけで完結はしていますが、導入編みたいな感じです。この世界の世界観を教えるためのものと思ったほうがいいかもしれません。まあ、面白かったので、こういうライトなSFが好きな方にはお勧めです。


以上、ご参考。


→ご購入はこちら(スターシップ・トゥルーパーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッシュ(M*A*S*H)

マッシュ 特別編 [DVD]
7月4日に生まれてにつづいて戦争物です。こちらは朝鮮戦争。と言っても、戦争の悲惨さを伝えるとか、戦争を批判していると言う感じの物ではなかったですし、「戦争かっこいい」の英雄物でもありません。戦争を馬鹿にしていると言う感じですかね・・。

舞台は先ほども書きました通り、朝鮮戦争です。ですが、前線の話ではなくやや後方の野戦病院でのお話です。従って、戦闘シーンは全くありません。が、絶えず手術は行われています。そこで働く人たちの姿が淡々と描かれています。主人公はおちゃらけた性格の医者で、普段の行動は完全に人をなめきった感じですね。周りの人たちと一緒にまじめな人をおちょくって楽しんだりしています。が、腐っても医者。命は大切に思っていて、兵士の手術はもちろんの事、捕虜の手術もしたり、助手として働いていた朝鮮人が徴兵されそうになった時に小細工して逃れさせようとしたりと人情のある一面も見せたりしています。

と言う感じで、全体的にはコメディだと思うんですが、個人的にはちょっと間延びのする感じのある映画でしたかね。ブラックコメディっぽい面も入っていたかもしれません。


以上、ご参考。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧